サッカーでSDGsも始めよう。

更新日:4月12日


「ねぇ、SDGs」って何?

せっかくなので子供にも身近なサッカーとSDGsという観点で調べてみました。


■SDGsって何だろう?

2030年までに世界で達成を目指す17の目標「SDGs」。

SDGsとは、「世界中にある環境問題・差別・貧困・人権問題といった課題を、世界のみんなで2030年までに解決していこう」という計画・目標のことです。

「貧乏で困ってる人を無くす」:発展途上国への支援等が該当します。

「差別のない社会を作る」:年齢や性別、障害、人種、民族、出自、宗教、経済的地位等で差別をしない社会を実現していく。

「環境を大切にする」:地球環境・自然環境に配慮しながら、国や企業が活動できるようにしていく。


■スポーツの力でSDGs達成へ貢献、スポーツSDGsとは?

スポーツ庁は、スポーツ基本法の理念であり「スポーツを通じて『国民が生涯にわたり心身ともに健康で文化的な生活を営む』ことができる社会の実現」の実現を目指しています。

文部科学省は旧来から、地域スポーツの推進,学校体育・武道の振興などのスポーツ振興を行ってきました。その事業も引き継ぎながら、様々な施策を総合的に推進しています。

国連は、「スポーツは持続可能な開発における重要な鍵となるものである」とスポーツが世界的な課題に取り組んでいくためには、必要不可欠なツールであるとされています。

SDGsの目標「すべての人に健康と福祉を」では、運動とスポーツを行うことは、アクティブなライフスタイルと精神的な安定をもたらし、それが健康問題を解決することにつながるとしています。


■サッカーとSDGs

様々なサッカークラブがSDGsの取り組みを実施しています。


県内でゆかりのある長野パルセイロレディースの取り組みを紹介します。

2021/10/16(土)ホーム千葉L戦】「SDGsマッチ」が開催されました。

AC長野パルセイロもジェンダー平等や女性のエンパワーメントの向上を目指すWEリーグ参入をきっかけに、今までの活動をSDGsに紐付け可視化し、さらなる取り組みを始めています。


・NAGANO SDGs PROJECT アンバサダー

~上田市立南小学校5年3組の皆さんによるSDGsプレゼンテーション~

昨年から地域と連携して、SDGsを達成させようと活動をしている児童の皆さんに、今年度の活動していることや考えていることを発表。


・信州大学教育学部附属長野中学校制作「SDGsチャットボットPro」体験


・パルセイロ・レディース選手のジェンダー平等宣言展示

パルセイロ・レディース選手の直筆のメッセージを展示。


・NAGANO SDGs PROJECT「SDGs展」

女の子の幸せとは何なのか、国内外の活動や現状を知るとともに、「自分達に何が出来るのか」も知ることができる展示内容。


・サッカー用具を回収。

独立行政法人国際協力機構JICAの「世界の笑顔のために」プログラムに参加。

開発途上国で必要とされている、スポーツ、文化、教育、福祉などの関連物品を世界各地へ届けるプログラム。


・加工食品等の回収。




いかがでしたか?

スポーツだけでなく、身近にもSDGsに貢献出来る事はたくさんありそうです。

身近なサッカーを通じて、子供には国際社会の一員であることの役割、その貢献について、を考えるきっかけになりそうですね。




閲覧数:0回0件のコメント